2017年5月5日金曜日

ふれる


窮屈な電車の中で 
知らない人の手に触れたとき
その冷たさに
あなたの手の 
あたたかさがわかりました

悲しいことに私たちは 
比べてはまた愛を知ります
でもこれ以上 あたたかいものは 
もうないのだと思うのです


ああ 涙が出そうなこの気持ちは
どんなラブソングもかなわない


形のないものを信じて 
何が悪い 何が悪いんだ
私とあなた そしてその夢は 
他の誰のものでもない



限りなく続くものは 
この星でさえ分からないし
未来に立つ 私たちだから 
自由なのです 自由なのです


ああ あなたの香りが風に乗って
過ぎてゆく季節も一緒に

愛しい人のそばにいること
触れられる 生きてゆく
咲かせて枯れて最後の夜まで
ずっとずっと 夢を見る

嘘のない愛だと信じて
何が悪い 何が悪いんだ
私とあなた そしてその道は
他の誰のものでもない

他の誰のものでもない

2017年3月24日金曜日

若者たちの朝へ



気づけば 向こう陽は沈み
今日もまた空も飛べずに
形のない あてのない明日を
探してる 若者のひとり

人はこうだって 愛はこうだって
わからないくせに
もう振り向けない 場所を歩いてる


どうか 夢が 夢のままで褪せないなら
それも愛しいと 片付けられるのに


それでも朝を 願っている私たちは
人知れず泣くの
こんな自分が悲しくて 苦しくて
でも信じたくてさ



何色も なれる気がしてた
選ばず 生きてゆく他に
愛せば愛されるように
水ない場所で蓮は泣く

おかえり 君は 君のままで ひとりぼっちさ
それも知っていた  子供の頃から


それでも声が 明日にも響くのなら
続けてゆけると
沢山の夜が 叱ってくれたの
ああ 間違えても

すべてに意味は 要らないと
私たちは人知れず泣くよ

こんな自分が悲しくて
でも嬉しくて また歩き出す